読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんいろの月

Kis-My-Ft2の横尾さんがダイスキデス。

もしキスマイが飼育員だったらどの動物になりたいか

動物

I SCREAMツアー無事閉幕しましたね。私はずっと仕事で身動きできなかったので、ブログやツイッターで楽しませていただきました。横尾さんの「黒髪は王子の証」発言に震えた…!!どんな髪形でも髪色でも大好きだけど、黒髪王子についていきます!!

 

さて、仕事もようやく一段落つき、ようやく1カ月ぶりぐらいに休みになったので、どこに行こうか考えた結果、1人で動物園に行ってきました。前はそんなに動物好きっていうわけじゃなかったんです。でも、横尾さんのおかげで1年近く「ペットの王国ワンだランド」を見続けてきて、すっかり動物大好きになりました。動物園に行くと、「あれは耳たぶがあるからアザラシじゃなくてアシカ」とか「これはシカ科だからツノが生え変わる、あれはウシ科だからツノが生え変わらない」とかワンだランドで得た知識の実地確認テストみたいで、とても楽しかったです。

 

そして動物を眺めながら、もしキスマイが飼育員だったら何の動物になりたいかずっと妄想していたので、ここで発表いたします。

 

*****

・北山さん
サル山のサル。サルになっても鈍くさい私は、エサもすぐ他のサルに奪われて全然食べられなくて、ぼーっとしていると、いつも北山さんがこっそりエサ投げてくれる。私だけに優しいのかな…ううん、みんなに優しいんだよね…でもやっぱり私には特に優しいのかも…と毎日悶々と繰り返す。もちろん北山さんの方は単なる飼育対象としか思っていない。

 

・千賀さん
ゾウ。大型動物の飼育はたいへんだと思うんですが、それでもよく目立つ花形の仕事だと思うから。背中に乗せて目立たせてあげたいです。ゾウ使い似合いそうじゃないですか?ちょっとした芸ぐらいさせていただきますよ。美意識高いから、いつもきれいに体拭いてくれそう。

 

・宮田さん
アンデスかどこかの山にいるヤギ。動物園の奥の方にいるやつ。決してゾウやライオンのような人気者ではなく、人もあんまり見に来ないんだけど、それをいいことにいつまでも構ってもらいたい。砂場の砂をかけたり、エサの草を食べ散らかしたりして、こっちはきゃっきゃうふふしてるつもりなんだけど、宮田さんにとっては軽く迷惑。

 

・藤ヶ谷さん
ライオン。普段は客の死角になるようなところでゴロゴロ寝てるのに、藤ヶ谷さんが来たとたんに擦り寄る嫌なライオン。種別の違いに気づかずに藤ヶ谷さんを本気で好きになっちゃって、じゃれついているつもりがケガをさせてしまう。幸い軽いケガで済んだけど、このままでは今後の繁殖にも関わるということで、遠くの動物園に移されることになって…。というところまで想像して昼間の動物園で涙ぐむ私。

 

・玉森さん
鳥類。大きな室内に放し飼いされているたくさんいる鳥の一羽。なんだか動物になってさえ、玉森さんの手ずからエサをいただいたり、抱っこしていただくなんて恐れ多いので(他のメンバーなら恐れ多くないわけではないけど)、もうエサもその辺に撒いておいていただいたらいいです、勝手に食べます、という気持ち。でもどさくさに紛れて肩にとまるぐらいのことはさせていただきます。

 

・二階堂さん
爬虫類。ヘビとか、ワニとか、トカゲとか。普通動物園って言ってすぐに思いつかないような特殊な動物。明るいキャラなのにたぶん誰にも本心は言わない二階堂さんなので、爬虫類になって悩みや愚痴を聞いてあげたい。蛇になって巻き付いたりしてマニアックに友好を深めたいです。

 

・横尾さん
横尾さんに関しては、この1年間のワンだランドを走馬灯のように思い出しながら、ものすごく考えました。アルパカになってホールドされたいとか、アナゴになって横尾さんが通るたびに穴から出て眺めたいとか、カメになって横尾さんが来るたびに発情したいとか、深海魚になって捕獲されたいとか、ホワイトタイガーの赤ちゃんになって家に連れて帰ってもらいたいとか、ペンギンになって追い立てられて逆らいたいとか、サルになって横尾さんがエサを撒くのについて行きたいとか…。でも一つだけっていうなら決めました。私はシャチになりたい。できるだけ大きい動物になりたい。そして芸を仕込まれたい。何でもします。でもショーの時に、ちょっと指示を無視して軽くテンパらせたい。と言うかもう横尾さんが飼育員なら、私はスローロリスのエサのコオロギでもいい…。

 

*****

 

そういうわけで1人動物園とても楽しかったです。動物のオリの前でにやついたり涙ぐんだりしている女がいても、どうかそっとしておいてください。