読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんいろの月

Kis-My-Ft2の横尾さんがダイスキデス。

チャラさは正義 ――北山さん誕生日に寄せて

私、チャラい人が嫌いだったんです。

 

去年の夏、動画サイトで偶然キスマイBUSAIKU!?を見て、メンバーの名前も知らないままに、キュンとしたり、声に出して笑ったりしているとき、北山さんのことだけは「このチャラさは好きになれないかも」と思ってました。そしてチャラさと対極にいる、黒髪の横尾さんに落ちました。

 

でも、キスマイを好きになるにつれてよくわかりました。
チャラさとは好奇心の強さ。現状に満足せず、常に新しい風をキスマイに吹かせてきました。
チャラさとは相手を楽しませるエンターテイメント精神。何をすれば喜ぶかをを常に考えて、キスマイのファンを増やしてきました。
チャラさとはコミュニケーション能力の高さ。いろんな方と仲良くなって、キスマイの可能性を広げてきました。

 

横尾さんの出来なさ、足りなさを愛している私ではありますが、もしキスマイ全員が横尾さんのような人の集まりだったら、デビューすることはもちろん、グループとして存続することもできなかったということはわかります。北山さんの熱くてまっすぐなチャラさが、キスマイを引っ張り、押し上げ、支えてきた。

 

私、チャラい人が本当に嫌いだったんです。
でも、「スナックSHOW和」の「チャラくNIGHT?」で「ホントはこういうの好きなんだろ?」って言われて、ハッとしました。私はいつの間にか北山さんのチャラさを好きになっていたみたいです。

 

北山さんのチャラさはキスマイを救う。
北山さんのチャラさは正義。
北山さん、お誕生日おめでとうございます。
どうか、いつまでも熱くてまっすぐでチャラい北山さんでいてください。