読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんいろの月

Kis-My-Ft2の横尾さんがダイスキデス。

ペットの王国ワンだランドの神番組たるゆえん

横尾さんが「ペットの王国ワンだランド」のレギュラーになって、10月4日で1年になります。ということは、私も番組を毎週欠かさずに見て1年。横尾さんが出るから見始めた番組ではありますが、横尾さんが出ているということを抜きにしても、本当に素晴らしい番組だと思っています。どの辺がすばらしいのか、神番組たるゆえんをまとめてみました。

 

*****

 

1 さまざまな生き物を好きにさせる

1年前、私の生き物に対する気持ちは「普通」。好きでもなければ嫌いでもありませんでした。でも、この番組を見だしてから、生き物の愛らしさや、健気さ、奥深さを知ることができて、どんどん興味を持つようになりました。今では、どこかに旅行に出かける時も、時間があれば近くの動物園や水族館を探して行っています。そこで「この前ワンだランドで言ってた!」となることが多くて、知れば知るほど、もっと知りたいと思うし、自分が生き物好きになっていくのを感じます。

 

2 プラス面だけでなく、マイナス面も伝える

かわいい動物の生態を伝えるだけでも番組は成り立つだろうけど、この番組では、ペットならお金がどのぐらいかかるとか、トイレの始末がたいへんとか、生き物と触れ合える場所の紹介なら、注意するべきことなどを、ちゃんと教えてくれる。無責任な「わぁかわいい」というだけの衝動に走らないように警告して、不幸な生き物を生み出さないようにしているところが素晴らしいと思います。

 

3 生き物をめぐる問題も取り上げる

殺処分のこととか、ペット虐待のこととか、わざわざ言わなくても、かわいい動物の映像だけ流しておけば、楽しげな番組になるのかもしれない。でも、つらいけれど目を背けてはならない現実に、ちゃんとスポットを当てている。この現状を変えていきたいという番組の強い意志を感じます。

 

4 生き物を幸せにしようとする「人」にスポットを当てる

生き物が主役ではあるけれど、どんな動物を取り上げていても、そこには必ず、飼い主や獣医、飼育員、保護する人、研究する人などその生き物を幸せにしようとがんばっている「人」がいる。番組は、そんな「人」にスポットを当てて、応援しています。毎回「生き物」と「人」との絆にさわやかな感動をもらっています。

 

5 ペットに限らず、生き物に関する様々な話題を提供する

「ペットの王国」と銘打ってはいるものの、扱う生き物はペットだけではなく動物園や、昆虫採集、魚と触れ合うダイビングなど幅広い。私のように住宅や仕事の事情でペットを飼えない人にとっても、生き物と触れ合える方法や動物のためにできることを教えてもらっています。

 

6 話題が豊富で飽きさせない

扱う内容が、小さいものは昆虫から大きいものはゾウや海獣まで、ロケも日本全国だけでなく海外まで、多岐にわたっていて、毎週見ていても飽きない。スタッフさんの情報収集のアンテナの高さに、いつも感心します。横尾さんがレギュラーに抜擢されたのも、番組に寄せられた感想がきっかけだったそうで、こういうところからも、スタッフさんが良い番組を作ろうと、丁寧に情報を集めていることがわかります。

 

7 丁寧な構成

例えば、サイパンダイビング回で、サイパン動物園がハリケーンの影響で閉鎖されているという情報を伝える時に、ナレーションやテロップでもいいのに、伝えなかったとしても済んでいったのに、わざわざ横尾さんと二階堂さんが動物園まで行って、閉まっている門の前で説明した時に、本当にこの番組らしいと思いました。こういうところが随所にみられて、丁寧に番組を作っているんだなあと感じます。

 

8 取材相手に対する敬意

最近のバラエティーでは素人をいじったりすることが多いけれど、この番組はそんなことが一切なくて、見ていてストレスを感じることが全くない。横尾さんや麻里子ちゃんがロケの時にいつもきちんとあいさつをして、敬意をもって相手に接しているのも、興味深い情報が視聴者に伝わるようにおそらく下調べしてきたうえで質問しているっぽいのも、本当にすばらしいと思います。

 

9 出演者の仲の良さ

関根さんと麻里子ちゃんと横尾さんが、まるで家族みたいで息ぴったり。麻里子ちゃんが横尾さんに昆虫をけしかけたり、逆に横尾さんが麻里子ちゃんに蛇をまきつけたりする小競り合いが姉と弟みたいで、それを微笑ましく見守る関根さんがお父さんみたいで、朝から癒されます。番組犬アースもレギュラー当初から横尾さんによくなついて、本当に家族のリビングみたいな雰囲気。

 

10 スタッフさんの出演者に対する愛情

キスラジなんかで横尾さんがワンだランドの話をしている時に「二階堂くんならもっといいリアクションできるって言われたー」とか「(藤ヶ谷さんから差し入れもらったときに)旦那から差し入れ来てるよって言われたー」とか、スタッフさんとよい信頼関係でいるのが伝わってきます。スタッフさんも横尾さんの反応見たくて、スタッフルームで何か月もカマキリ飼ったり、虫のケーキ作ったりして、横尾さん本当に愛されてるなって思います。そして毎回のスタイリングのすばらしさ!毎回本当に横尾さんによく似合う爽やかな服装と髪形で、外れたことがない。

 

*****

 

いつも思いますが、自担が動物番組のレギュラーになる以上の幸せってこの世に存在するのでしょうか?ドラマに出れば相手役との絡みが気になるし、バラエティーに出れば笑いを取れるのか心配で仕方がない。でもワンだランドは、キスシーンでも相手はゾウとかセイウチとかだし、ロケに出ればたちまちロケの神様が降臨して、勝手におもしろくなってしまうし。横尾さんのロケ回は動物の生態見てるというより、横尾さんの生態見てるんじゃないかと思うぐらい、笑ったり、泣いたり、絶叫したり、困ったり、いろんな横尾さんが見られるし、ロケ回じゃなくてもワイプでほぼ30分ずっと横尾さん見ていられるし。本当に毎週幸せです。こんな上質な番組のレギュラーに抜擢していただいて、ワンだランド様には本当に感謝しています。

 

そんな神番組、ペットの王国ワンだランドは、ABC・テレビ朝日系で、毎週日曜あさ9:30から絶賛放送中です!