読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんいろの月

Kis-My-Ft2の横尾さんがダイスキデス。

2016年下半期横尾さんがキスブサで披露した料理の記録

横尾担になってよかったことはいっぱいいっぱいあるけれど、実用的なのは以前よりちょっとマメに料理をするようになったこと。帰宅時間が遅く、あまり料理してなかったんですけど、テレビで横尾さんが披露するお料理は、どれもどんな味がするのか興味がひかれるものばかりで、つい作りたくなってしまいます。私は料理は得意ではないけれど、それでも自分で作ったものを自分で食べるって幸せだということを思い出します。

ネットで検索すると、横尾さんの作ったお料理を詳しく解説付きでレシピつけてるページはたくさんあるんですけど、あえてそれには頼らず、個人的な忘備録として、2016年下半期に横尾さんがキスブサで披露したお料理を、自分で実際に作った時のことをメモしておきたいと思います。分量やレシピなど、テレビで放映されていない部分は自己流でやっています。

本当はキスブサ以外の番組のお料理も作ってみたいのですが、蜂の素揚げやらラプラプ(フィリピンの高級魚)の煮つけやら激辛ピザやら恐ろしいことになるので、キスブサだけでご勘弁ください。

 

上半期の記録はこちらです。

mikanmoon.hatenablog.com

 

 

*****

8.1 BBQ女子会「フランスパンのピザ」

【材料】

フランスパン、ピザ用チーズ、トマトソース、バーベキューの残りの具材

【作り方】

1 フランスパンに、たてに真ん中1本、横に2cm間隔ぐらいで切り込みを入れる

2 縦の切り込みを開いて、トマトソースを塗り、好きな具材を挟み、チーズを多めに挟む

3 アルミホイルで包み、バーベキュー網に乗せて焼く

【試作メモ】

まず、作ろうと思ったのに、仕事が終わる時間に開いている店ではフランスパン売ってないっていう、この我が街の田舎っぷり。フランスパンを手に入れるのに数日かかるっていうまさかの事態。

家ではオーブントースターで15分ぐらい焼きました。一般的な、パンの上にチーズや具材を乗せて焼くピザトーストは、焼くとパンが固くなるし、溶けたチーズが熱くてちょっと食べにくいけれど、この方法だと、パンがしっとりするし、チーズはパンにはさまれているので、口の中をやけどすることがなくて、本当に食べやすかった!横の切り込みを先に入れておくことがポイントで、これがないと出来てからもたもた切ることになって冷めてしまう。そういうの実際作った人だからできる工夫なんだと思いました。

 

*****

8.28 夏バテ解消ランチ「ホタテのさっぱりそうめん」

【材料】

水300~400㏄、ホタテの缶詰、ネギ、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1

【作り方】

1 鍋で水を沸騰させ、ホタテを汁ごと入れる

2 酒としょうゆを入れる

3 別鍋でそうめんをゆでる

4 おわんに汁をはって、そうめんを入れて、みじん切りにしたネギを散らす

【試作メモ】

このために生まれて初めてホタテの缶詰を買ったのですが、ホタテの缶詰ってお高いんですのね。スーパーでしばらく悩んだ…。私としてはかなり思い切って買ったのに、後日わったー写真館に「ホタテの缶詰(2缶)」って書いてあって白目むいたよね…。

味付け薄くないか心配だったんですが、ホタテのだしがよく利いて優しい味わいで本当においしかった!調べてみたら、ホタテってとても栄養価が高くて、タウリンが豊富なんですね。他のメンバーだったら、絶対「マイコ疲れてるって言ってたじゃん。ホタテはね、栄養ドリンクにも入ってるタウリンがいっぱい含まれてるから、夏バテにぴったりなんだよ。これ食べて早く元気になってデートしようね」って言ってたと思うんですけど、横尾さんたら、そんなこと一言もおっしゃらないんだからー。…はぁそういうところが好き!冬、風邪気味の時にしょうが入れて作っても合いそう。

 

*****

11.7 お弁当デート「スティックパンケーキ」

【材料】

パンケーキミックス150g 水180cc(これで4枚分)

ハム、チーズ、黒ゴマ、チリソース、ソーセージ、レタス、ココア、いちご、生クリーム、抹茶、マロンクリーム、甘栗

【作り方】

・プレーン×ハムチーズ

1 パンケーキミックスを水で溶き、玉子焼き器で焼く

2 裏返して、ハムとチーズをのせて巻く

・ゴマ×ソーセージ

1 パンケーキミックスを水で溶き黒ゴマをまぜて、玉子焼き器で焼く

2 裏返してチリソースを塗って、レタスと焼いたソーセージをのせて巻く

・ココア×いちご

1 パンケーキミックスを水で溶きココアをまぜて、玉子焼き器で両面焼く

2 火からおろして少し冷ましてから、生クリームといちごをのせて巻く

・抹茶×マロン

1 パンケーキミックスを水で溶き抹茶をまぜて、玉子焼き器で両面焼く

2 火からおろして少し冷ましてから、マロンクリームと荒めに刻んだ甘栗をのせて巻く

【試作メモ】

パンケーキを玉子焼き器で焼いて、巻くっていうアイデアが秀逸で、翌日、無意識のうちにスーパーで玉子焼き器握りしめてレジに立ってた。今までフライパンで玉子焼き作ってたけど、玉子焼き器使うと、作りやすいしふわふわに仕上がるし、感動してます。買ってよかった。

おかず用、デザート用両方だから、砂糖不使用のパンケーキミックスを使用。デザート用には牛乳で溶くとよいとパッケージに書いてありましたが、牛乳で溶くと膨らみすぎて巻きにくい(割れる)ので水で溶きました。ココアや抹茶は使い切る自信がないのと、生地に甘みをつけるために、粉末のココアオレと抹茶オレを使いましたが、ちょうどいい感じ。

マロンクリームなどというおしゃれな食べ物は、当然この田舎には売っていないので、翌週のパン回の宮田さんのアイデアをお借りして、マロングラッセ(割れて安くなったもの)を少量の牛乳と火にかけてつぶして、クリームにしました。

この回、いちごとブルーベリーとパイナップルとミントを入れたデトックスウォーターも作った横尾さん。飲み物は当然あるものとして、作らなくてもすんだと思うのですが、確かにパンケーキ食べると飲み物必要だし、飲み物にも凝ったのは、実際に作って食べた人の発想だなあと思いました。

 

*****

11.14 焼き立てパン「米粉のピザ」

【材料】

米粉80g、砂糖小さじ1、塩小さじ半分、ドライイースト小さじ1、オリーブオイル小さじ1、水80ccぐらい

トマトソース、パプリカ、ピーマン、サラミ、チーズ

生クリーム、いちご

【作り方】

1 米粉と砂糖と塩とオリーブオイルをボールに入れ、混ぜる

2 ドライイーストを入れ、混ぜる

ドライイーストは塩の塊といっしょにすると発酵しなくなるので、米粉と塩を混ぜてから入れる)

3 水を少しずつ加えながら捏ねる。形がまとまってもさらによく捏ねる

(紙粘土ぐらいの固さ)

4 レンジの発酵機能で20分発酵させる

(夏なら室内でいいと思います)

5 生地の半分をのばし、丸めてから開いたアルミホイルに載せて(生地がくっつかないように)、ガスコンロのグリルで4分ほど焼く

(両面焼きの機能がついているなら多分一度でいいんだろうけど、うちのグリルは片面焼きなので、片面ずつ焼きました。時間は火力と生地の厚さによる。途中で手前と奥を入れ替えました。)

6 取り出して、裏返してトマトソースを塗り、パプリカとピーマンとサラミでトッピングして、上にチーズをのせる

7 グリルで焼き、チーズがとけて焦げ目がついたら取り出す

8 残りの生地をハート形に伸ばして、グリルで両面焼く

9 冷ましてから生クリームといちごでトッピング

これは難しかったー。ピザなんか作ったことないのに、いきなり米粉で、正解がよくわからないのですが、5回作ってたどりついたレシピです。水が少なくて全然発酵しなかったり、水が多すぎてゆるすぎたりして、生地を作るのが難しかった。かなりカリッとした生地になるんだけど、横尾さんは「普通のやつよりもちもちになる」って言ってたし、もっと厚くするのかな?焼くのも、初回は最初にトッピングしたまま焼いたら、上は焼けてるのに生地が生で、フライパンで焼きなおしたりして、これも何回か失敗しました。うまくできるまで毎週米粉捏ねてたけど、試行錯誤も、あー料理って楽しい!と思う時間でした。

「彼女と作る」っていうお題なのに、自分一人でどんどん生地捏ね上げて、マイコにトッピングだけはさせたかと思ったら、上からばさばさチーズかけて消した横尾さんが、味に妥協なくて本当に料理人でした。

 

*****

2016年下半期は、横尾さんのおかげで、武器「玉子焼き器」を手に入れ、回復アイテム「ホタテの缶詰」が使えるようになり、新しい技「捏ねる」と「発酵させる」を覚えました。私の料理レベルがまた一つ上がりました。2017年も横尾さんのお料理がたくさん見られますように。