読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんいろの月

Kis-My-Ft2の横尾さんがダイスキデス。

キスマイがSMAP25YEARSをトリビュートしたら DISC2編

SMAP25YEARS」私は5枚買いました。

SMAP 25 YEARS (通常仕様)SMAP 25 YEARS (通常仕様)
 

1枚は自分用。あとの4枚は、誕生日の友人や、お世話になった親戚など、感謝の気持ちを示したいけれど、あまり高価なものを差し上げるのも気を遣わせそうな人への手土産にしました。4人とも本当に喜んでくれて、その後に会った時にも「聴いたよ!」って言ってくれて、当時あの曲が好きだったとか、この曲は初めて聴いたけどいい曲だとか、ひとしきり盛り上がりました。相手がSMAPファンかどうかも確認せずに贈りましたけど、喜んで受け取ってもらえて、「国民的アイドル」ってこういうことなんだなあって実感しています。

 

もしもキスマイがSMAP25YEARS収録曲を、1人1曲ずつトリビュートするならどの曲を歌ってほしいか、前回のDISC1編に続き、DISC2で考えてみました。

 

 

北山さん:夏日憂歌

今回このCDを買って、初めて聴いた曲なんですが、胸打たれました。失われた愛を歌っているのに、単なる失恋の悲しみではなく、もっともっと大きくて大切な感情。キスマイ最年長で、誰よりも熱く強いのに、恋愛映画見て号泣してたって横尾さんに暴露された北山さんに、「顧みれば儚さにもまた涙を流すのだろう」って歌ってほしいです。

 

千賀さん:Dear WOMAN

がんばれとか元気出せとか一言も言わなくても、力が沸く励まし方ってあるんですね。歌詞も、音楽も、派手ではないのに華やかで、ウキウキする曲。美意識の高い千賀さんに「きれいだね」って歌われたら、どんなに悲しくても腹が立っていても口角上がりそう。

 

宮田さん:A SONG FOR YOUR LOVE

これも今回初めて聴いて、胸打たれた曲。「好き」とか「愛」とか一言も言ってないのに、深い深い愛情を感じます。それを何でもないことのように軽やかに歌っているところが好きです。「いつまでも太陽みたいに かわらずにきみを照らしてる」って本当にキスマイの太陽、宮田さんだなと思う。

 

横尾さん:オレンジ

本当に名曲。どうしてこんな美しい曲を歌うSMAPが解散してしまったのか、真相は何もわからないけれど、今は「さよなら」と言うことで、誰かの傷が少しは癒えたのかな…。オレンジと言えば、UTAGEの横フェスでも披露された、横尾さんのカラオケの十八番。藤ヶ谷さんと肩組んで歌ってほしい。

 

藤ヶ谷さん:Triangle

SMAPがこの曲を紅白の大トリで歌ったのは2005年。私はそれを旅先のホテルで見ながら、涙が溢れてきたことを思い出します。例えばキスマイや他のグループが、こういう曲を、説得力をもって次のシングル曲にできるかって考えたら、SMAPのようなグループってもう他には出てこないと思う。セクシーでもキュートでもギラギラでもキラキラでもなんでも歌いこなすキスマイの絶対キング藤ヶ谷さんなら、この曲をどんなふうに歌うのか聴いてみたい。

 

玉森さん:freebird

これも大好きな曲。歌詞の世界観も、メロディーもシンプルなアレンジもみんな好きなんだけど、「確信してやまないでしょう」とか「いいんだと思います」とか、歌詞に急に敬体が入ってくるところが好き。高みを目指して自由自在に飛ぶ、キスマイのフリーバード玉森さんに、シンプルだけど大切なことを、淡々と歌ってほしい。

 

二階堂さん:Fine,Peace!

アルバムの50曲を歌詞を見ながら聴いてみて、SMAPの曲って、やみくもに理想を追うんじゃなくて、うまくいかない現状を肯定してくれる曲が多いように感じました。「『今だって十分やってる、だからもう認めてくれよ』とそう言って叫びたいことも何回もあった」って、下積み時代の長かったキスマイは、みんなそう思ったことあったと思うけど、わかりやすくグレてた過去のある二階堂さんに歌ってほしい。「辿りつきたい場所にきっと行ける」って言葉に説得力があると思うから。

 

 

たぶん、DISC3編に続く…