読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんいろの月

Kis-My-Ft2の横尾さんがダイスキデス。

私的キスマイワンフレーズ楽曲大賞

大変遅くなりましたが、キスマイ楽曲大賞の結果興味深く拝見しました。中の人様、おつかれさまでした。そしてありがとうございました。発表される曲名と思わず膝を打つコメントの数々に「この曲があったかー!!」と思うことしきりでした。「好きな曲」「いい曲」「5周年として」等、観点によって選びたい曲は変わってくるので、5曲選ぶのは本当に難しくもあり、楽しくもありました。

 選ぶ作業の中で「このフレーズにどうしても惹かれる!」という曲がいくつもあったので、私的に、キスマイ楽曲の印象に残るワンフレーズでトップ10を選んでみました。

横尾担の私としては、横尾さんがソロで歌っている(数少ない)フレーズは何でも惹かれるんだけど、今回はその気持ちは抑えてワンフレーズのインパクトで選びました。

  

 *****

10位 「空飛ぶ猫がいるというなら僕は信じるよ」(ダイスキデス)

これは「君の言うことなら無条件で信じるぐらい君のことが好きだ」という解釈でよいのでしょうか?斬新な愛情の示し方。横尾さんが「空とウメコがいるというなら…」と空耳していたという衝撃のエピソード込みで印象的。

 

9位 「つま先で立っても飛び上がってもまだ僕の手じゃ届かない」(ツバサ)

あんまり「俺たちがんばってます」って表に出さないのがキスマイだから、こういう曲をサラッと笑顔で歌ってくれるのが嬉しいです。

 

8位 「たまに君に会いたくなる」(Seven journey)

新しい世界へ旅に出る歌なんだけど、「君と一緒に」でもなく「いつでも君を想ってる」でもなく、たまにしか君に会いたくならないこのクールさとリアルさが好きです。

 

7位 「夜の闇照らして明日が来る」(Brand New Season)

「夜の闇照らして」って頭ではわかってるのに、聴くたびに「世の闇照らして」という漢字が頭にちらついてしまう。私にとってキスマイは世の闇照らす太陽だから…。

 

6位 「偶然に見かけたなら幸せに笑っててほしい」(Good-bye,Thank you)

私は、別れた男には地獄に落ちてほしいと思うタイプなので、こんな風に思えるなんて…!と衝撃を受けたフレーズ。でもキスマイのメンバーは半分は別れた女のことなどすぐに忘れるタイプで、もう半分はもし未練があったとしても絶対表には出さないタイプだと思ってるんですけど、どうでしょう?

 

5位 「掲げた想いが星になる」(WANNA BEEEE!!!)

ギラギラしているキスマイが、急にファンタジックになるこのフレーズが好きです。

 

4位 「僕が望むような幸せはこれからもこの場所にある」(夕空)

初めて聞いたときに、「それはこっちのセリフだよぅ」と思って胸が震えた。単なる歌詞って言えばそれまでなんだけど、同じ気持ちになったような気がして嬉しかったんです。

 

3位 「召し上がれー!」(ワッター弁当) 

だってこの世に生きていて、「召し上がれ」って言ったり、言われたりしたことってあります?私はない。聖母かな?ご飯作って「召し上がれ」って言う人、聖母ぐらいしかいなくないですか?

 

2位 「かけがえのない自分になりたいなら」(Jet!Set!!Go!!!)

スポットライトを浴びて何万もの人をひきつけるキスマイも、この世の端っこで日々を送るしがない私も、誰もが誰かにとって代わりのきかない「かけがえのない自分」になることを目指して生きているんだって、最近よく思います。一歩踏み出す元気や勇気がないときに頭の中を流れるフレーズ。 

 

1位 「愛が…止まらない、止められない」(Catch Love)

Catch Loveは(いろんな意味で)印象的なフレーズの宝庫なんだけど、その中でも特にあげるなら、このセリフ。切ないような、笑えるような、震えるような、涙が出るようなよくわからない感情が沸きあがって、その結果、聴くたびにニタニタしてしまうフレーズ。よく日常生活でも心の中で応用しています。(例・風邪の時「咳が…止まらない、止められない」、探し物の時「鍵が…見当たらない、見つからない」等)